プロフィール

野平一郎

1953年生まれ。東京藝術大学、同大学院修士課程作曲科を終了後、フランス政府給費留学生としてパリ国立高等音楽院に学ぶ。間宮芳生、永富正之、アンリエット・ピュイグ=ロジェ、ベッツィー・ジョラス、セルジュ・ニグ、ミシェル・フィリッポ他に師事。作曲・ピアノ・指揮・プロデュース・教育など多方面にわたる活動をおこなう。ピアニストとしては内外のオーケストラにソリストとして出演する一方、多くの内外の名手たちと共演し、室内楽奏者としても活躍。古典から現代までそのレパートリーは幅広い。マヌリやベンジャミン、松平頼則等の作品を世界初演、またリゲティ、武満徹作品他の日本初演を行なう。80枚をこすCDをリリースし、その中にはベートーヴェンやモーツァルトのピアノ・ソナタ全集、武満徹や湯浅譲二のピアノ作品全集などが含まれている。また東京シンフォニエッタの初代代表(1994-99)を務めた。

80曲以上に及ぶ作品の中にはフランス文化省、アンサンブル・アンテルコンタンポラン、IRCAM、ベルリンドイツ交響楽団、国立劇場、サントリー音楽財団、NHKその他からの委嘱作品がある。この10年間では、2002年に東京でエレキギター協奏曲「炎の弦」をスティーヴ・ヴァイのソロ、佐渡裕指揮東京都交響楽団で、また05年にはドイツのシュレスヴィッヒ・ホルシュタイン音楽祭において、故武満徹が作曲をするために書かれた台本によるオペラ「マドルガーダ」をケント・ナガノ指揮で、06年には東京でチェロとオーケストラのための「響きの連鎖」を堤剛のソロで初演。2012年6月には、パリ IRCAMでのマニフェスト音楽祭でサクソフォンとリアルタイム・コンピュータによる「息の道」がクロード・ドラングルにより初演され、いずれも好評を博した。

第13回中島健蔵音楽賞(1995)、第44回尾高賞、芸術選奨文部大臣新人賞、第11回京都音楽賞実践部門賞(1996)、第35回サントリー音楽賞(2004)、第55回芸術選奨文部科学大臣賞(2005)を受賞。2012年春に紫綬褒章を受章する。現在、静岡音楽館AOI芸術監督、東京藝術大学作曲科教授。日本フォーレ協会会長。